木札やメッセージ 

胡蝶蘭開業祝いに胡蝶蘭を贈るときは、木札を付けるのがマナーです。木札には、お祝いの言葉と自分の名前を記載するのが一般的です。よく使われているのが、「開業御祝」「祝御開業」。お店を始めた方などであれば、「祝御開店」「開店御祝」などのお祝いの言葉も良いでしょう。また、胡蝶蘭を贈る際にメッセージを付けた方がより気持ちが伝わり良いものです。ただし、記載する内容に不向きのものもありますので、そこは注意が必要です。受け取ったからが不愉快になるような内容を書いてはいけないのはもちろんですが、他にも火事をイメージさせてしまう内容も書いてはいけません。また、一般的に縁起の悪い言葉や文章を書くのもNGです。何を書いたら良いか迷う方は、例文などを参考にして書いてみても良いでしょう。

胡蝶蘭は、やはりもらうと嬉しいお花です。花言葉も幸せが感じられて素敵なのですが、鉢植えになっていることで、根付くといった意味もあり、これから長く会社を続けて行こうとする方にまさにぴったりなお花です。お祝いですから、あまり質素なものは避けたいところ。他にもたくさん胡蝶蘭が届くことも考えられますので、ここはある程度気合いが入ったものの方が安心です。是非、堂々としたお花を贈って頂きたいと思います。


▽関連記事▽

  1. 胡蝶蘭について
  2. 開業祝いに胡蝶蘭を贈る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です