木札やメッセージ 

胡蝶蘭開業祝いに胡蝶蘭を贈るときは、木札を付けるのがマナーです。木札には、お祝いの言葉と自分の名前を記載するのが一般的です。よく使われているのが、「開業御祝」「祝御開業」。お店を始めた方などであれば、「祝御開店」「開店御祝」などのお祝いの言葉も良いでしょう。また、胡蝶蘭を贈る際にメッセージを付けた方がより気持ちが伝わり良いものです。ただし、記載する内容に不向きのものもありますので、そこは注意が必要です。受け取ったからが不愉快になるような内容を書いてはいけないのはもちろんですが、他にも火事をイメージさせてしまう内容も書いてはいけません。また、一般的に縁起の悪い言葉や文章を書くのもNGです。何を書いたら良いか迷う方は、例文などを参考にして書いてみても良いでしょう。

胡蝶蘭は、やはりもらうと嬉しいお花です。花言葉も幸せが感じられて素敵なのですが、鉢植えになっていることで、根付くといった意味もあり、これから長く会社を続けて行こうとする方にまさにぴったりなお花です。お祝いですから、あまり質素なものは避けたいところ。他にもたくさん胡蝶蘭が届くことも考えられますので、ここはある程度気合いが入ったものの方が安心です。是非、堂々としたお花を贈って頂きたいと思います。


▽関連記事▽

  1. 胡蝶蘭について
  2. 開業祝いに胡蝶蘭を贈る

開業祝いに胡蝶蘭を贈る

開業祝い開業祝いに胡蝶蘭を贈る方も多いです。こういった特別なときに贈る場合は、お届け日についても注意する必要があります。あまり早く贈ってしまっても受け取った方が困る場合がありますし、届くのがあまりに遅すぎてしまっても良くありませんので、注意が必要です。胡蝶蘭は、開業日の前日に届くようにするのがおすすめです。または、3~5日前くらいには届くようにしましょう。

また、胡蝶蘭に限ったことではないのですが、色についても気を付けることがあります。開業祝いには「赤色」は不向きです。理由は、火事などをイメージさせてしまうからです。胡蝶蘭が白色であっても、リボンやラッピングが真っ赤ではやはり問題があります。このあたりについても注意してください。また、気になる相場ですが、こちらは2~3万円くらいのものを選ぶ方が多いようです。

また胡蝶蘭の本数を見ると、3本や5本を選ぶ方が多く見られます。胡蝶蘭は、カラーもいくつかありますが、迷う場合は白色を選ぶのが良いでしょう。白色の胡蝶蘭は、上品で貫禄もあり、好みが分かれないカラーです

他にもいろいろ迷うことや分からないことがあったら、注文するときにお花屋さんに相談してみてはいかがでしょうか。きっと良いアドバイスをもらえるはずです。


▽関連記事▽

  1. 胡蝶蘭について
  2. 木札やメッセージ

胡蝶蘭について  

胡蝶蘭大切な方に、素敵なお花を贈りたいと思うことがあります。気軽なイベントや記念日の場合は、受け取る方が好きなお花を贈る方も多いと思いますが、特別なお祝いの場面では胡蝶蘭を選ぶことをおすすめします。その理由はたくさんあります。胡蝶蘭は、その花言葉が素晴らしく、会社やお店をオープンするときにもぴったりの花だと言えます。「幸福が飛んでくる」という胡蝶蘭の花言葉は、これから新しいスタートを切る方にもおすすめの言葉。

また、会社やお店がオープンすれば忙しくなることが想定されますが、胡蝶蘭はあまり手をかけてあげなくても綺麗に咲いてくれるらくな花です。しかも、美しさが長持ちしますので、そこもまたメリットだと言えるでしょう。胡蝶蘭は、上手に育てることができれば、2か月以上咲かせることも可能です

また、花粉が少なく香りもほとんどないのも良いところです。飲食店などの場合、中にはお花の香りは避けたい方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった心配もありませんので、どんな分野のお店にも安心して贈ることができます。カラーもいくつかありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

お部屋に、上品でそれでいて貫禄がある胡蝶蘭があれば、気持ちよく明るくエネルギッシュに第一歩を踏み出すことができるのではないでしょうか。心のこもったお祝いを贈ることができるでしょう。当サイトは、胡蝶蘭について紹介します。是非、参考にしてみてください。


▽関連記事▽

  1. 開業祝いに胡蝶蘭を贈る
  2. 木札やメッセージ